株式会社アクセス
株式会社アクセスロゴ
作業写真

暮らしのかなめ、水まわりの安心感。日常生活の基本要素をさりげなく保守。

■貯水槽の清掃・点検

貯水槽の清掃・点検

貯水槽が設置されているビルやマンションには、必ず「設置者または管理者」がいます。貯水槽に入った水は水道局の管理を離れてしまうため、問題が起きたときの責任の所在を明確にしています。※1
貯水槽の清掃は、住民のみなさんの健康管理の一助でもあります。

※1)水道法第34条2 ①水槽の清掃を一年以内ごとに一回、定期的に行なうこと。水槽の点検等有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。 ②給水栓における水の色、濁り、臭い、味その他の状態により供給する水に異常を認めたときは、水質基準に関する省令の表の上欄に掲げる事項のうち必要なものについて検査を行うこと。 ③供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を講ずること。水道法施行規則第23条で「水質基準に関する省令の基準内容」が定められています。


■雑排水管の洗浄・点検

雑排水管の洗浄・点検

排水設備の清掃・点検も重要な仕事になります。使用状況によってそれぞれの状況は異なりますが、排水管内の油・洗剤など様々なものが配管内に付着していきます。時間の経過と共に塊りとなって生活排水の妨げとなり、階下への漏水や害虫の発生といったトラブルにつながることもあり、そういった事故を防ぐためにも欠かせない仕事です。また、配管を定期的に清掃することは、本来の機能を維持し、建物自体の劣化をおくらせて寿命を延ばすことにもなります。